生クリームとホイップクリームの違いは?成分と泡立ててあるかの違い

ホイップクリーム 生クリーム違い
スポンサーリンク

生クリームとホイップクリームの違いは、動物性のクリームと泡立ててホイップしてあるクリームの違い。

日本独自の分類もあります。

  • 生クリーム=牛乳の乳脂肪分以外の成分を除去した、脂肪分が18%以上のクリーム
  • ホイップクリーム=泡立てたクリーム

と分類できます。

しかし、日本独自の違いとして、

  • 生クリーム=動物性クリーム
  • ホイップクリーム=植物性クリーム

という呼びかたもあります。

なぜ、日本独自の分類ができたかもお伝えします。

生クリーム

生クリーム

牛乳などから作られる生クリーム。

「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」という、厚生省の出した省令の中で、

「クリームとは、生乳、牛乳または特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したもの」「脂肪分は18%以上」

と定義されています。

生乳、牛乳または、特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したもの。脂肪分は18%以上のクリームがパッケージに「種類別:クリーム」と表記され、一般的に「生クリーム」と呼ばれます。

生クリームは、ケーキやデザートなどの製菓に使うほか、洋食などの料理に使うこともあり加熱調理をすることも可能です。

 

ホイップクリーム

ホイップクリーム

ホイップクリームは、生クリームを泡立て器やハンドミキサーなどを使って空気をふくむようにふんわりと泡立てたもの

脂肪分18%以上のクリームを生クリームと呼びますが、その中でも泡立てやすい脂肪分30〜48%のクリームを泡立てたものがホイップクリームと呼ばれます。

ホイップクリームは、主にケーキなどの菓子やデザート類に使われることが多いです。

 

日本独自の呼びかたの違い

日本では、生クリーム以外の植物性油脂などから作られた泡立てることのできるクリームをホイップクリームと呼び、生クリームと区別することもあります

この場合は、泡立てる前のクリームでもホイップクリームという呼びかたをされます。

ホイップクリームと呼ばれるクリームの中には、

  • 純乳脂肪タイプ 乳脂肪に「添加物」を加えたクリーム
  • コンパウンドタイプ 動物性クリームと植物性クリームの混合クリーム
  • 植物性脂肪タイプ 植物性脂肪のみを使用したクリーム

など種類があり、これらはパッケージに「種類別:乳または乳製品を主要原料とする食品(乳等を主要原料とする食品)」と表記されています。

※純乳脂肪タイプ、コンパウンドタイプ、植物性脂肪タイプでも脂肪分が低く泡立てることができないクリームはホイップクリームとは呼ばれません。

出典

雪印メグミルク

wikipediaクリーム (食品)

wikipediaホイップクリーム

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
nanichigaをフォローする
ナニちが