緑茶と紅茶の違いは?茶葉の加工方法が違う!

緑茶
スポンサーリンク

緑茶も紅茶もチャノキの葉を加工して作られたものです。

  • 緑茶は、摘み取った葉を酸化発酵させないで作られた不発酵茶

  • 紅茶は、摘み取った葉を酸化発酵させて作られた発酵茶

緑茶とは

チャノキから摘み取った葉を加工して作られた不発酵茶

チャノキの葉には、葉を酸化させる酵素が含まれています。

緑茶はその酵素の働きを止めるために、収穫した葉をまず加熱処理します

この加熱処理は、日本では蒸すことが多く中国では釜で炒ることが多いです。

加熱後は葉をもんで組織を柔らかくし、その後乾燥させます。煎茶や番茶、玄米茶や抹茶などもすべて緑茶のなかの一種

発酵させていないため、茶葉本来の緑色と爽やかな味わいが楽しめます。

スポンサーリンク

紅茶とは

紅茶

チャノキから摘み取った葉を加工して作られた発酵茶

紅茶は葉の酸化酵素による発酵をすすめるため、収穫した葉を加熱する前に葉をしおれさせたりもんだりして、葉を褐色に変化させます

紅茶はオリジンティーとブレンドティーとフレーバーティーにられます

オリジンティーとはある地域の名前がつけられたもので、その地域で茶葉の製茶や加工がおこなれたものです。

有名なものでは、ダージリンやウバ、アッサムなどがあります。

  • ダージリンやウバなど標高が高く涼しいところで育てられたものは、香り高いのが特徴。

  • アッサムなど標高が低く日差しの強いといころで育てられたものは、味がよいのが特徴。

ブレンドティーとは、複数の産地の茶葉を混合したり、同じ産地の中で異なる茶葉を混合したりしたものです。

有名なものでは、ブレックファストやアフタヌーン、プリンス・オブ・ウェールズなどがあります。

  • ブレックファストは朝食と一緒に飲まれることが多いもの。強い渋みと濃い液色が特徴。

  • アフタヌーンは午後に一息つくときに飲まれることが多いもの。味や香りはメーカーによってさまざま。

  • プリンス・オブ・ウェールズはキーマンをもとにブレンドされたもの。独特な香りが特徴。

フレーバーティーとは、香料やハーブ、ドライフルーツ等で香りをつけたものです。

有名なものでは、アールグレイやレディグレイなどがあります。

  • アールグレイは、ブレンドティーをかんきつ類の一種のベルガモットで香りづけしたもの。渋みの少ないブレンドティーがよく使われる。

  • レディグレイは、アールグレイをもとにブレンドされたもの。オレンジやレモンの皮とヤグルマギクの花などによるフルーティーな味わいが特徴。

 

出典

緑茶‐Wikipedia

紅茶‐Wikipedia

LUPICIA】お茶|日本茶・緑茶

LUPICIA】お茶|紅茶

レディ グレイ|トワイニング紅茶TWININGS TEA TIME

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
hana_mayaをフォローする
ナニちが