カフェオレとカフェラテの違いは?ドリップかエスプレッソか

カフェオレ カフェラテ違い
スポンサーリンク
  • カフェオレは、ゆっくりとドリップしたレギュラーコーヒーにミルクを入れたもの
  • カフェラテは、コーヒーに圧力をかけて一瞬で抽出した濃い目のコーヒーにミルクを入れたもの

カフェオレもカフェラテも、コーヒーにミルクを混ぜ合わせた飲みもの(ホットもアイスも)のことを指します。

カフェオレ

カフェオレとは、フランス語(café au lait)であり、”café カフェ” はコーヒーのこと。

  • “au オ” は前置詞
  • “à” +男性型単数形t”le” 定冠詞tの縮約型であり
  • “lait レ” は牛乳

ゆっくりとドリップされたコーヒーに、鍋などで温めたミルクをおおよそ1対1で混ぜ合わせたものがカフェオレといいます。

ドリップコーヒーとは、焙煎し挽いた粉末の上から熱湯をドリップしたコーヒーのこと。 コーヒーメーカー・ドリッパーどちらも「ドリップコーヒー」です。

※ドリップ:しずく・したたるという意味

 

カフェラテ

カフェラテ

カフェラテとは、イタリア語(Caffè Latte)であり、もとは「コーヒー・牛乳」のこと。

イタリア語では、カッフェッラッテ(Caffellatte)と続けて呼んだり、カッフェ・エ・ラッテ(Caffè e Latte:「コーヒーと牛乳」)などと呼んだりします。

苦みがあるためコーヒーが2、ミルクが8の割合で混ぜ合わせたものがカフェラテ。

エスプレッソマシンと呼ばれる専用の機械を使って、瞬間的に豆に圧力をかけて抽出して作ります。

※カフェラテに「泡立てたミルク」を足すとカプチーノになります。(エスプレッソ:スチームミルク:フォームミルク=1:1:1)=カプチーノ

 

カフェオレとカフェラテはミルクも違います

  • カフェオレは鍋などで温めたミルク
  • カフェラテは蒸気で温めたミルク

カフェオレは、コーヒーとミルクを同時に注ぎ混ぜ合わせたもの。

一方、カフェラテは、コーヒーを入れたカップにミルクを注ぐので、カフェラテは表面にミルクが残っている状態となっています。

 

フランスのカフェオレとカフェラテは同じ?

エスプレッソでも、ドリップコーヒーでもフランスではカフェと呼ばれること多いです。そのため、飲食店などでカフェを注文するとエスプレッソが出されることも。ですから、カフェオレにエスプレッソを使うことも一般的です。

しかし、日本では

  • ドリップコーヒーを用いるものをカフェオレ
  • エスプレッソを用いるものをカフェラテ

と呼んで区別しています。しかし、フランス的に考えると、どちらをカフェオレ、カフェラテと呼んでも問題ありません。

 

カフェオレとカフェラテの味の違いは?

カフェオレのほうがコーヒー自体の苦みが少ないものなので、ミルク感が強く甘めで飲みやすい傾向があります。

カフェラテは苦みのあるエスプレッソで作られているので、ミルクの割合がカフェオレよりも多いです。そのためカフェラテは苦みを感じることができて、スッキリした口当たり

喫茶店などの店舗によって、作りかたが異なる場合もあります。そのためカフェオレという名前でもでもエスプレッソで作っているお店もあります。

名前にとらわれずいろいろなお店のものを飲み比べると、自分好みの味を見つけられるでしょう。

お家コーヒーの注目商品もチェック!
なおご参考までに、サッカーの本田圭佑選手も認めた”極上の香り”ひき出すコーヒー【Lucaffe】をご存知ですか? 1杯100円のフレーバー(アラビカ100%、クラシック、コロンビア、ヘーゼルナッツ)の中から選んで注文すると、専用マシンは無料レンタルできます。以下のリンクから確認して下さい。





 

 

 

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
nanichigaをフォローする
ナニちが