お菓子

スポンサーリンク
違い

ラクトアイスとアイスクリームの違いは?乳成分の割合の違いが1番大きい

ラクトアイスは乳固形分3%以上 アイスクリームは乳固形分が15%以上(乳脂肪分8%以上) 乳固形分の割合だけでなく、食べたときの味わいにも違いがあります。「ラクトアイス」はさっぱりとした味わいで、「アイスクリーム」はミル...
違い

生クリームとホイップクリームの違いは?成分と泡立ててあるかの違い

生クリームとホイップクリームの違いは、動物性のクリームと泡立ててホイップしてあるクリームの違い。 日本独自の分類もあります。 生クリーム=牛乳の乳脂肪分以外の成分を除去した、脂肪分が18%以上のクリーム ホイップクリー...
違い

こしあんとつぶあんの違いは?小豆の粒が残っているかどうかの違い

こしあんは、裏ごしをして豆の皮を取り除いたあんこ つぶあんは、小豆の粒がそのままの状態のあんこ 和菓子などに使われることの多い餡子(あんこ)ですが、その種類は原料や作りかたの違いでいくつもあります。 「あんこ」...
違い

クッキーとビスケットの違いは?砂糖と脂肪の割合の違い

どちらも小麦粉にバター、砂糖、卵、牛乳などを加えて焼いたお菓子です。海外では、クッキーとビスケットの違いはあいまい。 そんなクッキーとビスケットを日本では、お菓子業界が独自に規定を設けて区別しています。 クッキーは、糖分と脂...
違い

ぼた餅とおはぎの違いは?季節によって呼び名がかわる

どちらもお彼岸のころにお店に出回る「あんこ」と「もち米」をつかった和菓子です。地域によっても違いはありますが、季節により「ぼた餅」、「おはぎ」と呼び名がかわります。 ぼた餅は漢字表記で「牡丹餅」と書きます。あんこの粒を春に咲くボタ...
違い

賞味期限と消費期限の違いは?「おいしく食べられる」か「安心して食べられる」かの違い

加工した食品の包装には、「賞味期限」か「消費期限」のどちらかが表示されています。この違いをしっかりと知ることで、あなたの健康を守るとともに、食品のむだをなくせます。 賞味期限は「おいしく食べられる期限」 消費期限は「安心して...
違い

ソフトクリームとアイスクリームの違いは、凍結回数の違い

ソフトクリームは、かくはんしながら凍結して、製造後すぐに食べる アイスクリームは、かくはんしながら凍結して、容器に詰めて、さらに低温で凍結 大きな違いは凍結の回数という工程の違い! ソフトクリームとアイスクリームの大き...
違い

アイスクリームとジェラートの違いは乳脂肪分と空気含有量

アイスクリームとジェラートの違いは、乳脂肪分と空気含有量にあります。 アイスクリームは乳脂肪分8%以上のもの ジェラートは乳脂肪分5%前後で「アイスミルク」に分類 だけど、本場イタリアだとちょっと違っていました。 ア...
違い

雹(ひょう)と霰(あられ)の違いは?降ってくる氷の粒の大きさ

雹(ひょう)と霰(あられ)の違いは、積乱雲から降る氷の粒は共通で、大きさの違いだけです。どちらも気象現象で積乱雲が発生しやすい夏場に多いです。 雹(ひょう)は積乱雲から降る直径5㎜以上の氷の粒。霰(あられ)が成長したものです。 ...
違い

あられとおかきの違いは?大きさがちがうだけ

材料はどちらも同じで、もち米。 違いは、 あられは、冬に空から降ってくる氷の「あられ(霰)」ほどの大きさ おかきは、それよりも大きめ もち米を揚げたり、焼いたりしたお菓子が「あられ」、「おかき」です。現在では作り...
スポンサーリンク