アイスクリームとジェラートの違いは乳脂肪分と空気含有量

アイスクリーム
スポンサーリンク

アイスクリームとジェラートの違いは、乳脂肪分と空気含有量にあります

  • アイスクリームは乳脂肪分8%以上のもの
  • ジェラートは乳脂肪分5%前後で「アイスミルク」に分類

だけど、本場イタリアだとちょっと違っていました。

アイスクリーム

アイスクリームは、乳成分が多く、ミルクの濃厚なうまみと味わいが楽しめますが、じつは法律上は乳成分によって、

  • アイスクリーム
  • アイスミルク
  • ラクトアイス
  • 氷菓

の4つに分類されており、包装や容器には必ず表示があります。

アイスクリーム•アイスクリーム
•乳固形分15%以上(内、乳脂肪分8%以上)
•乳成分が多く、ミルクの濃厚な旨みと味わいが特徴
アイスミルク•アイスミルク
•乳固形分が10%以上(内、乳脂肪分を3%以上)
•牛乳と同じくらいの乳成分
・植物油脂が使われることも
ラクトアイス•ラクトアイス
•乳固形分が3%以上
•乳成分が少なくさっぱりした味わい
・多くが植物油脂を使用
氷菓子•氷 菓
•乳脂肪分をほとんど含まない
•アイスキャンディー、かき氷など

定義上、乳脂肪分8%以上のものが「アイスクリーム」なのです。

もうひとつの違いである空気含有量は、

アイスクリーム:50%以上

空気の含有量が少ないほど、もったりと重みのある食感と濃厚な味わいになります。

 

ちなみに、5月9日はアイスクリームの日になっています。

ジェラート

ジェラート

ジェラートは乳脂肪分5%前後で製造するのが一般的なので、日本の法律に照らし合わせると、ジェラートは「アイスミルク」に分類されます。

ジェラートの空気の含有量は、

ジェラート:33%未満

ジェラートは空気の含有量が少ないです。乳成分が少なくても、あのようなもったりとした濃厚な味わいと、重みのある食感になるわけです。

 

アイスクリームとジェラートには、乳脂肪分と空気含有量の違いがあるのです。

 

ちなみに、8月27日ジェラートの日になっています。

イタリアでは、ジェラートはアイスクリーム!?

ジェラートの本場、イタリアでは、ジェラートとアイスクリームの関係はどうなっているのでしょうか?

実はイタリアではアイスクリームのことをジェラートと言います。広い意味では、氷菓も含まれます。

要するに、イタリアではアイスクリームと言えば、ジェラートなのです。

 

結論

アイスクリームとジェラートの違いは、乳脂肪分と空気含有量の違いにあります。

どちらを選ぶかは、好みの問題でしょう。

ちなみに、乳脂肪分が少ないぶん、ジェラートのほうがヘルシーです。

 

出典

日本アイスクリーム協会

日本ジェラート協会

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
nanichigaをフォローする
ナニちが