あられとおかきの違いは?大きさがちがうだけ

あられ
スポンサーリンク

料はどちらも同じで、もち米。

違いは、

  • あられは、冬に空から降ってくる氷の「あられ(霰)」ほどの大きさ
  • おかきは、それよりも大きめ

もち米を揚げたり、焼いたりしたお菓子が「あられ」、「おかき」です。現在では作りかたや、味付けなどには違いはありません。しかし、昔は作りかただけでなく、食べる人も違っていました。

 

あられとは

もち米を揚げたり、焼いたりしてつくるお菓子こと。

奈良時代には、宮廷などで食されていた高級なお菓子でした。ひな祭りの「あられ」はその名残なのでしょう。

昔は包丁を使って切った餅を炒ったものが「あられ」と呼ばれていました。

 

お餅をくだいて炒るときの音や、見た目の形が雲から降る直径5ミリ未満の氷の粒「霰」(あられ)に似ているので、「あられ」と呼ばれるようになりました。

おかきとは

おかき

こちらも、もち米を揚げたり、焼いたりしてつくるお菓子。

昔は「あられ」の包丁に対して、槌(ツチ)をつかって欠き割って、揚げたり焼いたりしたものを「おかき」と呼んでいました。

正月のお供えものの鏡餠などを割って作っていて、高級なお菓子だった「あられ」とは対照的に庶民のお菓子として長年親しまれてきました。

 

 

出典:JAグループ 福岡

出典:岩塚製菓株式会社

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
nanichigaをフォローする
ナニちが