クッキーとビスケットの違いは?砂糖と脂肪の割合の違い

クッキーとビスケット
スポンサーリンク

どちらも小麦粉にバター、砂糖、卵、牛乳などを加えて焼いたお菓子です。海外では、クッキーとビスケットの違いはあいまい。

そんなクッキーとビスケットを日本では、お菓子業界が独自に規定を設けて区別しています。

  • クッキーは、糖分と脂肪の合計が40%以上で、見た目が手作り風
  • ビスケットは、糖分と脂肪が40%未満

クッキー

クッキーはアメリカから、戦後に日本に入ってきました。

当時の日本では、クッキーは高級な洋菓子というイメージ。そのため、安物のビスケットと高級なクッキーを明確に区分けすることで、食べる人が間違わないようにしました。

その区分けは、日本のお菓子業界が独自に作ったもの。

「糖分と脂肪の割合の合計が40%以上で、見ためが手作り風のものをクッキーと呼んでもよい」

というものでした。

 

この区分けは「一般社団法人 全国ビスケット協会」が独自に決めたものです。

日本の国として公的に決めたものではありません。しかし、日本のお菓子メーカーのほとんどが加盟しているので、この区分けが浸透しました。

ただし、「見た目が手作り風」や「呼んでもよい」など、あいまいさが残ります。

また、この協会に加盟していない小さい洋菓子店などでは、特にこの区分けで名前が使われていません。

 

クッキーはその成型(かたちをととのえる)の仕方にいくつかの種類があります。

  • 絞り出し:絞り出し袋につめた、やわらかめクッキーの生地を絞りだして成型
  • 型抜き:固めのクッキー生地を均一に伸ばして、かたを押し当てて成型
  • 手や道具で形を作る:手などを使って成型
  • カットする:クッキー生地をいったん凍らせて焼く直前にスライスして成型するタイプ(アイスボックスタイプ)と生地を焼いてからカットするタイプがある

 

ビスケット

クッキーとビスケット

ビスケットは、幕末のころには日本にもたらされていました。オランダから日本に持ちこまれており、その語源はフランス語にあります。

フランス語で「ビスキュイ(biscuit)」といい、意味は「2回焼いた」となります。

保存食としても利用されていた歴史もあります。

日本では、ビスケットを大きく「ハードビスケット」と「ソフトビスケット」にわけています。

クッキーは「ソフトビスケット」に分類されます。

ちなみに、乾パンやクラッカーもビスケットの一種になります。

 

日本以外でのクッキーとビスケットの違い

アメリカ

アメリカには日本のクッキーとビスケットにあたるものは、すべてクッキーと呼んでいます。

アメリカでいうところのビスケットは、ふっくらとしたソフトパンで、イギリスのスコーンに似たものです。

有名なところでは、日本にもある『ケンタッキーフライドチキン』のメニューにある「ビスケット」です。

 

イギリス

イギリスには「クッキー」という言葉が無いので、すべてビスケットと呼んでいます。

 

フランス

フランスではビスケットやクッキーのことをビスキュイと呼びます。ちなみに、焼き菓子の総称を「サブレ」と呼びます。

クッキーの売れ筋ランキングもチェック!
なおご参考までに、クッキーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

 

出典

Wikipedia ビスケット

一般社団法人 全国ビスケット協会

ロッテ

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
zenikamiをフォローする
ナニちが