ソーセージとウインナーの違いは?「ウインナー」は「ソーセージ」の一種

ソーセージ
スポンサーリンク
  • ソーセージは、味付けしたひき肉を動物の腸につめたものの総称
  • ウインナーは、「ウインナーソーセージ」を略したもの

日本ではウインナーソーセージ以外にもいろいろな種類のソーセージが製造販売されています。その種類はたくさんあります。

ソーセージ

主に牛や豚のひき肉を塩や香辛料の調味料で味付けをして、腸につめた食品の総称。つめる腸の動物の種類や太さで、いろいろな呼び名があります。(日本での分類)

一般的には湯煮(ゆに)や燻煙(くんえん)などの燻製処理をして長期間保存できるようにした保存食です。

ソーセージの本場であるドイツでは、生ひき肉をつめたままのものをパンに塗って食べる種類のソーセージもあります。

ドイツ語でソーセージはヴルストと呼びます。

 

ウインナー

ウインナー

オーストラリア発祥のソーセージで、「ウインナーソーセージ」を略したものです。

豚と牛の肉を塩漬けにして、ケージングにつめたもので、燻製やボイルしたものをいいます。

※ケージング……ソーセージの表皮部分で、主に動物の腸を使うが人工のものも多数あり、コラーゲン、セルロース製のものがある。

 

ソーセージの種類

最近は人工のケージングにつめている商品も多くあります。

日本では農林規格(JAS)で、腸の種類による呼び名の違いに加えて、人工のケージングの太さによって呼び名が変わります。

JASの規定での分類は

ウインナーソーセージ

羊の腸にひき肉をつめたもの。20mm以下の太さのソーセージをいいます。

フランクフルトソーセージ

豚の腸にひき肉をつめたもの。20mmから35mmの太さのものをいいます。

ボロニアソーセージ

北イタリアのロマーニャ州の州都、ボローニャが原産のソーセージ。正式名称はイタリア語で「モルタデッラ」といいます。牛の腸にひき肉をつめたもの。36mm以上の太さのものをいいます。

太さ以外で区分されているものもあります。

チョリソーソーセージ

スペインが本場のソーセージ。もともとは、ひき肉ではなく、刻んだ豚肉をつめたものをチョリソーと呼んでいました日本に入ってきたときには、メキシコ経由で辛いソーセージがチョリソーとして入ってきました。

ドライソーセージ

サラミやカルパスのことです。ソーセージの水分量が35%以下だとサラミ、55%以下だとカルパスと呼びます。

魚肉ソーセージ

日本オリジナルのソーセージです。スケトウダラのすり身に豚脂や調味料、香辛料を練り合わせたものをいいます。

歴史も古く、大正時代には、存在していました。

 

ソーセージ・ウインナーの売れ筋ランキングもチェック!
なおご参考までに、ソーセージ・ウインナーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

 

出典

語源由来辞典

Wikipedia ケージング

 

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
nanichigaをフォローする
ナニちが