コカ・コーラとペプシコーラの違いは?コカ・コーラは飲料、ペプシは薬

コカ・コーラ
スポンサーリンク

ちらも有名な炭酸飲料ですが、その発祥には大きなちがいがあります。

どちらの商品名にも入っている「コーラ」は、発売当初、アフリカの熱帯雨林に植生するコーラの実(kola nuts)から取り出したコーラエキスを用いていたことに由来しています。

しかし、このほろ苦い味がとくちょうのコーラの実は、現在含まれていないことがほとんどです。

  • コカ・コーラは、アメリカの薬剤師ジョン・S・ペンバートン博士によって開発されたシロップが元。
  • ペプシコーラは、アメリカの薬剤師ケイレブ・ブラッドハム博士が売り出した消化不良の治療薬が元。当時はペプシンが配合されていました。

※ペプシン:胃液にふくまれる消化酵素の一種

コカ・コーラ

1886年にアメリカで発明された世界最初のコーラ飲料です。

コカ・コーラの名前の由来は「コカの葉」と「コーラの実」が原材料に使われていたからだと言われています。(1903年以降は使用していない)

しかし、コカ・コーラジャパンによると名前の由来はまったくちがっており、開発者のペンバートンのパートナーのフランク・ロビンソンが「語感がいいから」という単純な理由によりコカ・コーラと命名したとしています。

ペプシコーラ

ペプシコーラ

1894年に売り出された消化不良治療薬が起源で、ペプシンが配合されていたことから1898年にペプシコーラと名称を変更しています。

日本には1947年に入ってきたが、米軍用であり一般販売はされませんでした。日本でペプシコーラが販売されたのは沖縄が最初で1954年のことでした。

1996年には「ペプシマン」がCMに登場し当時はひじょうに人気がでました。

 

ペプシコーラはCM戦略が特徴的でライバルであるコカ・コーラに対して挑発的なCMを製作したりします。戦略として「ペプシチャレンジ」をおこないました。

※ペプシマン:アメリカンなノリとテーマを使用していますが、日本独自に製作されたイメージキャラクターで純日本産

 

※ペプシチャレンジ:コーラをよく飲む人たちにブランドをふせて、飲み比べをしてもらい、どちらがおいしいかを選んでもらうというもの。「自称コカ・コーラ愛好家」たちの多くがペプシコーラを選ぶ結果となりました

コカ・コーラとペプシコーラの商品展開

コカ・コーラとペプシコーラともに現在の健康思考の高まりをうけて

  • ゼロカロリーのコーラ
  • 難消化性デキストリン配合の特保のコーラ

を展開しています。

※難消化性デキストリン:水溶性の食物繊維の一種で、食後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれる。

※特保:特定保健用食品のこと。実験データに基づいて審査を受け、健康づくりのための食習慣改善のきっかけとして「~が気になるかたに」という効能効果を表示することを日本政府から認可された食品。

 

出典

コカ・コーラジャパン

ペプシコーラ

Wikipediaコーラ

コトバンク ペプシン

Wikipedia難消化性デキストリン

Wikipedia特保

 

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
nanichigaをフォローする
ナニちが