ツボと経穴の違いは?ツボは俗称で幅広い意味に使われる

ストレッチ 健康
スポンサーリンク
  • ツボとは、経穴、壺、坪のこと。人体にあるくぼみ部という意味もある。
  • 経穴(けいけつ)とは、経絡(けいらく)上にあり、鍼や灸をおこなう要所。一般的にツボと呼ばれる。

ツボも経穴も同じ意味で使われます。

ツボは本来の意味から派生して、「気持ちのいい場所」「自分の好み」などの意味で使われることもあります。

本来の経穴でない部分がその人にとっての「ツボ」になることもありますし、「笑いのツボに入った」というような使われかたもしますね。

経穴とは

古代中国で生まれ、東洋医学では2000年以上の歴史のある治療法です。

人体には、「気血(生命エネルギー)」の通り道である経絡というものがあります。経絡上にあり、「気血(生命エネルギー)」の出入り口とされる要所が経穴です。

身体に異常があるときには経穴に痛みやしこりがみられ、鍼や灸をすることで症状が改善されます。

経絡上にあるものは正穴と呼ばれ、経絡上にない奇穴と呼ばれるものも存在します。

経穴の数は、WHO(世界保健機関)で361に統一されています。しかし、左右に存在する経穴もあり実際には約670穴もあります。

 

覚えてお得なツボ

身体の中にたくさんあるツボ(経穴)です。そのなかでもよく使われる、覚えてお得なツボをいくつか紹介します。

自分でできるものなので、ぜひ「ツボ押し」してみてくださいね。

合谷(ごうこく)

風邪、目の疲れ、花粉症、肩こり、ストレスなどに効き、万能のツボと呼ばれる。

取穴部位

手の甲側にある。親指と人差し指の骨の間にあるくぼみ。

 

労宮(ろうきゅう)

ストレス、緊張、胸の痛みなどに効果的。

取穴部位

手のひらの真ん中。手を握ったときの中指と薬指の間。

 

湧泉(ゆうせん)

肩こり、冷え、不眠、疲労などに効果的。

取穴部位

足の裏にある。足の指をすべて内側に曲げたときにできるくぼみ。

 

足三里(あしさんり)

足の疲労、むくみ、胃腸の症状などに効果的。

取穴部位

膝の皿の下にある外側のくぼみに人差し指を当て、4本指をそろえておいたときに小指が当たる部分。

 

承山(しょうざん)

足の疲労、むくみ、腰痛、痔などに効果的。

取穴部位

ふくらはぎの真ん中。アキレス腱を上にたどってつま先立ちをしたときにできるくぼみ。

 

ツボの押しかたと注意点

親指の腹を使い、痛気持ちいい程度に10秒ほど押す。

痛みがあるときやリラックスしたいときは人差し指、中指、薬指でやさしくさする。

満腹時や飲酒後、高熱やケガをしているときは避ける。

 

出典

wikipedia ツボ

wikipedia 経穴

医療情報サイト m3.com

ソニー生命 ツボでセルフケア

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
ayamamaka

医療・福祉関係の仕事経験を生かして、役に立つ記事を書けたらと思っています。子育てブログもしていますので遊びに来てくださいね。よろしくお願いします。
https://www.choco-happy.work

ayamamakaをフォローする
ナニちが