モータープールと駐車場の違いは?モータープールは駐車場の別称

駐車場 コインパーキング 車 停める
スポンサーリンク
  • モータープールは駐車場(月極・民間)の別称で、主に関西圏で使われている。
  • 駐車場は、自動車や自動二輪車を停めておく場所のこと。

モータープールと駐車場の違いはほとんどなく、「モータープール」は「駐車場」という意味で主に関西圏で使われている言葉です。

モータープールとは

モータープール 駐車場 車 停める パーキング

「モータープール」という言葉になじみがない、というかたも多いかもしれません。

それもそのはず、モータープールとは駐車場の別称で、関西圏(主に大阪)で使われている言葉だからです。主に屋号や看板などの書き言葉として使われているのが特徴。

モータープールがある地域としては、奈良県や大阪府がダントツのトップ。数は少なくなりますが、京都府や西日本、中部地方の一部にもモータープールがあります。

モータープールの原語は「motor pool」ですが、この「motor pool」という言葉にはもともと駐車場という意味はありません。

梅花女子大学の米川明彦教授(62)によると、モータープールはもともと戦後の東京で米国の進駐軍が「車置き場」として使った用語だという。

引用:日本経済新聞

東京で使われていた軍の用語「モータープール」が、昭和30年代頃から関西を中心に「月極駐車場」という意味で使われはじめ、定着したようです。

モータープールの代表的な種類

  • 有料駐車場……月極や時間制など。関西空港付近にはモータープールと空港をつなぐ送迎付きの有料駐車場がある。
  • カーディーラーの駐車場……自動車メーカーやカーディーラーの新車を保管している駐車場。代表的な例として、千葉県習志野市にある本田技研工業(株)にある習志野モータープールがある。他にも中古車の保管場所をモータープールと呼ぶ。

出典:日本経済新聞

 

駐車場とは

モータープール 駐車場 車 停める パーキング

駐車場は、自動車や自動二輪車を停めるための場所。

駐車場の略称はパーキング(parking)で、看板の書き言葉としてもよく使われています。

街中で「コインパーキング」の文字を見かけたことがある方も多いかもしれませんね。

日本では車を持つ人が増え、とくに都心部では駐車場が足りないことが問題になりました。対策としてビル全体、また建物の地下部分を駐車場にするなど、さまざまな種類の駐車場が登場しています。

ちなみに日本初の地下駐車場が作られたのは、1960年(昭和35年)。東京駅前の丸ビルと新丸ビルの間に建設され、収容台数は約500台だったそうです。

出典:Wikipedia

駐車場の代表的な種類

  • 時間貸し(コインパーキング)……30分ごとまたは1時間といった単位で料金が加算される。
  • 日貸し……駅や空港、バスターミナル付近に多い。
  • 立体駐車場(自走式)……大きなショッピングモールや、商業施設に多い。地下や屋上の駐車場まで自分で運転し駐車する。
  • 立体駐車場(タワー機械式)……全体が駐車場になっているビルや、商業施設などにあり、無人になった車がタワー状の駐車場に保管される。
違い
スポンサーリンク
ライター紹介
okada mariko

料理と音楽と本、そしてネットを愛するママライター。Apple Musicで見つけた好きな曲を流しつつ、日当たりの良いテーブルでPC作業している時間が大好き。「ナニが違う?この差はナニ?」という疑問がスッキリ解決するような、わかりやすい記事作りを目指しています。どうぞよろしくお願いします。

okada marikoをフォローする
ナニちが