アルバイトとパートの違いは?社会的な印象だけ

アルバイト
スポンサーリンク

「アルバイト」と「パート」の呼びかたは通称と考えてよいです。

  • アルバイトは、「おもに学生」で、中~短期雇用の労働者として、スポット的に働ける人材。
  • パートは、「おもに主婦」で労働時間こそ少ないが正社員と同様の業務内容を任される人材。

アルバイトとパートは、学生・主婦というイメージを持たれがちですが、法律上はどちらも「パートタイム労働者」に分類。

名前も「正社員(通常社員)」に対しての「パートタイム労働者」という呼びかたです。

アルバイトとは

ドイツ語で仕事を表す「Arbeit」を語源。この呼称が使われはじめた明治時代は「学業をしながら働く仕事」のこととされていました。

今でも本業や、学業のかたわらに仕事をして収入をえることをおもに「アルバイト」と呼びます。「アルバイト」と聞くと、若い学生のイメージがあるのはそのためですね。

パートとは

パート

英語の「パートタイム」を語源としていて、「フルタイム」と反対の意義をもつ呼称です。

 

日本では昭和の中頃、現在のNTT(当時の日本電信電話公社)が、主婦層をメインに「パートタイム職員」として採用したのがはじめてとなりました。

 

主婦層が「パート」と呼ばれ、「アルバイト」にくらべて仕事の内容も正社員とそん色ない業務内容になるのは、勤続年数や業務の経験の違いでしょう。

 

また、夜働く非正規社員が「アルバイト」、昼働く非正規社員を「パート」とわけている会社も多いです。しかし、法律的にはどちらも同じです。

 

 

出典:アルバイトニュース Plus

出典:TOWNWORKマガジン

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
nanichigaをフォローする
ナニちが