アサガオとヒルガオの違いは園芸用か強害草の違い

アサガオ
スポンサーリンク

・アサガオ(朝顔)は、もともと薬草として渡来後、江戸時代の品種改良により観賞用に変身し、大流行。以降、園芸用として各家庭でも栽培されるようになった。

・ヒルガオ(昼顔)は、在来種もあり全国各地で見られるが、どんどん繁殖して根絶が難しい。農家では大迷惑な強害草(雑草)として扱われている。

今回は、アサガオとヒルガオを見わけるコツもご紹介します。

アサガオ(朝顔)

アサガオの基礎知識

  • 学名  Pharbitis nil
  • 和名  アサガオ(朝顔)
  • 科名  ヒルガオ科 サツマイモ属
  • 形態  蔓性(つるせい)の一年草
  • 分布  北海道~九州
  • 開花期 7月中旬~10月上旬
  • 特性  主に、早朝から昼前まで開花。初心者でも育てやすい

薬用から園芸用へと変化したアサガオ(朝顔)

夏の草花としてなじみの深いアサガオ(朝顔)ですが、起源は中南米地域薬草としてもちいられていたもので、日本へは中国から渡来しました。

主に種子牽牛子(ケンゴシ)と呼ばれて珍重され、強力な下剤としてあつかわれます。

 

観賞用として広まったのは江戸時代に入ってから。「大輪」や「変わり咲き」など多くの品種が誕生し、文化文政期と嘉永安政期に、2度の大流行が起こりました。

その後、開花期が長く育てかたもラクなことから、園芸用の草花として、日本各地で栽培されるようになりました。今でも、アサガオは夏の花として広く愛されています。ここがヒルガオとの違いでしょう。

 

アサガオといえば、夏の訪れを告げる行事にアサガオ市があります。

有名なのは、七夕の頃にもよおされる、東京・入谷の『入谷朝顔まつり』。早朝6時から、毎年多くの観光客でにぎわいます。

ヒルガオ(昼顔)

ヒルガオ

ヒルガオの基礎知識

  • 学名  Calystegia japonica Choisy
  • 和名  ヒルガオ(昼顔)
  • 科名  ヒルガオ科 サツマイモ属
  • 形態  蔓性(つるせい)の多年草
  • 分布  北海道~九州
  • 開花期 5月~8月
  • 特性  早朝~夕方頃まで咲く。地下茎で増え、繁殖力旺盛

人の生活圏で見かける人里植物

ヒルガオは、畑や垣根、道路わきの植え込み、空地など、人間の生活のすぐ近くで自生している人里植物です。人里植物とは、いわゆる雑草です。

開花は朝から夕方頃まで。昼間に咲くのが、和名「ヒルガオ(昼顔)」の由来

5月~8月、外を歩いていると、道路脇の植え込みなどで、ツルを絡めたかわいらしい薄桃色の花を見ることができます。

 

除去が非常に困難な雑草

ヒルガオは多年草で、種を作らず、地下に地下茎という茎(クキ)を広げて繁殖します。

地下茎は再生力が強く、切断した部分からどんどん芽が広がってしまうので、一度生えてしまうと除去は非常に困難です。

特に農耕地での影響は深刻で、農作物の収穫にも影響するため、農家の人には「強害草」として嫌われています。

ヒルガオが園芸用にならなかった理由は、ここにありそうですね。

 

アサガオ(朝顔)とヒルガオ(昼顔)の見わけかた

簡単な見わけかたをご紹介します。

アサガオ幅広で、フサフサと毛が生えているいろいろな色がある付ける
ヒルガオ細長の矛(ホコ)や矢じりの形で、毛がないほとんどが白に近い薄桃色付けない

 

結論

  • アサガオは観賞に向く園芸用
  • ヒルガオは農家が嫌がる強害草で雑草

という、大きな違いがありました。

小ネタですが、俳句の季語にも違いがありました。

  • 朝顔:初秋(秋)の季語
  • 昼顔:夏の季語

ヒルガオは梅雨時から咲き始めるので「雨降花(アメフリバナ)」という粋な異名も持っています。

アサガオ、ヒルガオのほかに、ユウガオ(夕顔)、ヨルガオ(夜顔)という草花もあり、違いがあります。

 

出典

全国農村教育協会『病害虫・雑草の情報基地』

九州大学『アサガオホームページ』

国立科学博物館

 

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
nanichigaをフォローする
ナニちが