元旦と元日の違いは?「元旦は1月1日の朝」「元日は1月1日」

門松 お正月
スポンサーリンク

近は、元日も元旦も混同して同じ意味で使うことも多いようですが、厳密にいうと元旦と元日はまったく違います。まとめると、

  • 元旦は、元日の朝のことをいいます。時間をあらわす言葉。
  • 元日は、1年の初めの日。1月1日のことをいいます。日にちをあらわす言葉。

※ちなみに、1月の三が日をさすと思われがちな「お正月」という言葉ですが、これは1月の別称です。1月全体を正月といいます。

元旦

初日の出

元旦の「旦」の字は、地平線から太陽が昇ってくるさまを表現している漢字です。

一文字で「朝、夜明け」の意味。ゆえに元旦は1月1日の朝を意味します。

年賀状にも日付を文末にいれます。1月1日に届くように配達される期間に投函するばあいは「年号〇年元旦」といれます。

※1月1日に年賀状が届くようにするには、12月15日から25日までに書いて投函しましょう。

 

元日

元日は、1年の最初の日である1月1日。日にちをあらわします。

新年が明けておめでたい日である元日は、国民の祝日として公休日となっています。

カレンダー上は元日のみが祝日となっていますが、官公庁はじめ金融機関などが正月三が日を休みとしています。一般企業もこれにならって休みとしているところが多いです。

 

出典

goo辞書 旦

Wikipedia 元日

 

違い
スポンサーリンク
ライター紹介
nanichigaをフォローする
ナニちが